1度会った相手とLINEが途絶える心境は?あなたの行動が原因かも

1度会った相手とLINEが途絶えるのは、1回目のデート中にとったあなたの行動が原因かもしれません。LINEが途絶えた時の相手の心境と、途絶えないようにするたった一つの方法を教えます。

いきなり結論!LINEが途絶えた相手は脈なし?

1度会った相手と連絡を取りたくなくなった経験、あります(笑)

まず最初に結論を言うと、LINEが途絶えた相手は「脈なし」です。

言い方を変えると、もしも「脈あり」なら、LINEが途絶えるなんてことはありません。

厳しい言い方かもしれませんが、婚活においては相手があなたを見る目というのは相当シビアであるということだけは押さえておいてください。

でも安心してください。

1度会った相手とLINEが途絶えることがないようにする方法をこの記事ですべて教えます。

この記事を読み終わったときには、あなたの恋愛レベルが格段にアップしていることをお約束します。

LINEが途絶える心境は「冷めた」から

ちなみに、そんな僕自身、1度会った相手と連絡を取りたくなくなった経験があります(笑)

理由は簡単。

「冷めた」からです。

婚活というものは、初めて相手と対面するその直前にまず最初の期待のピークが訪れます。

具体的に言えば、初デートの待ち合わせ直前というタイミングです。

知り合ってから初デートまでの期間はいろいろですが、どんな相手だって、初デートは楽しみにするものです。

でも、楽しみにしているからこそ、そのデート中にちょっとした「冷める行動」を発見してしまうと一瞬で冷めてしまうのです。

期待が大きければ大きいほど、落差は大きくなります。

それが、LINEが途絶える理由です。

LINEが途絶えないようにする方法はたった一つ

でも安心してください。

1度会った相手とLINEが途絶えないようにする方法というのは、実は一つしかありません。

しかもそれほど難しいことではありません。

その答えは「恋愛スイッチを入れる」ということです。

これは「自分磨き」の話とはまったく違います。

自分磨きなんていう遠回りで時間がかかることをする必要は一切ありません。

詳細はこの記事の最後に説明しますので、もし答えだけ知りたい人は途中を飛ばして最後だけ読んでもらってもOKです。

でも、答えだけ知っても実際に使えないかもしれませんので、本当に結婚したと思っている人は飛ばさずしっかり熟読してくださいね。

1度会った相手に一瞬で冷めたパターン

相手の行動に冷めたパターン

1度会った相手とLINEが途絶える原因はなんだと思いますか?

一瞬で理解してもらうために、僕自身の経験をちょっとお話します。

以前、婚活アプリで知り合った女性と初デートをしたときに、こんなことがありました。

最初に書いたように、デートの約束をすると、その日まで楽しみで期待がどんどん膨らみます。

僕の場合、婚活アプリでマッチングしてからデートの約束をするまでは通常一日ですが(笑)、実際にデートする日というのは例えばその週の金曜日とか、次の週になったりするので、メッセージのやり取りをする期間というのがあります。

なので、その数日間でメッセージのやり取りを通じてある程度相手のことが分かるものです。

その女性のときも、LINEでやり取りしていてとても相性が良いと感じていました。

おまけにめちゃくちゃ可愛いかったです(笑)

話が合うし、おまけに可愛かったら誰だってテンション上がりますよね。

もちろん僕もテンションマックスで待ち合わせ場所に向かい、写真以上に可愛いその女性と対面し、飲みに行きました。

そしてお酒も入り話がはずみ、楽しい時間を過ごしていたんですが、そこであることに気づきました。

その女性、話をしながらやたらと頭や足を掻く癖があったんですよね。

脚ではなく、足ですよ(笑)

別に、僕だって足が痒くなることくらいありますが、デート中はぜったいしないです。死んでも我慢します。

もしこれを読んで「そんなことくらいいいじゃん」「そんな小さいこと気にする人いないでしょ」という人がいたら、間違いです。

そんな「小さいこと」でLINEが途絶えるんです。

繰り返しますが、相手は「結婚相手を選ぶシビアな目」で見ているということを忘れてはいけません。

少なくとも、初対面のデートの席で頭や足を無意識に掻く女性とは、僕は結婚したくありません(笑)

ここで例に挙げた「頭を掻く」「足を掻く」というのは、一つの例にすぎません。

いちばん大切なことは、人は無意識にボロが出るということです。

つまり、デートの時だけ気をつけようと思っても、必ずボロが出てしまい、相手に見られているのです。

そして結果的にLINEが途絶えるんです。

繰り返しになりますが、これの解決方法は最後にちゃんと紹介しますのでお楽しみに。

その前に、もう一つのパターンも必見です。

恋愛に対する温度差に冷めたパターン

恋愛に対する温度差に冷めるというパターンもありました。

恋愛に対する温度差とは、言い方を変えると、今すぐ恋人を作りたいか、そうでないかということです。

これも僕の経験をお話します。

こんな女性がいました。

婚活アプリで知り合って、すぐにデートの約束をして、楽しくデートしました。

そしてその日は解散。また近々デートする約束をしました。

ところが、その後次のデートの約束をしようと思っても、なかなか決まらないんです。

もしも、相手が僕のことを気に入らなかったのなら、音信不通になるのが普通ですよね(笑)

僕も最初はそのパターンかと思いました(笑)

でもそうでもないんです。

なかなかデートする日を作ってくれない割にはLINEは途切れないし、しかも婚活アプリはもう使わないからと退会してくれました。

そしてやっとデートしてくれたのが3ヶ月後。

聞くところによると彼女はお嬢様育ちのようで、恋愛経験も少なく、どうやら僕の恋愛とスピード感覚がまったく違ったんです。

やっと再会できて、本当ならとても嬉しいはずですが、僕は逆にテンションが下がりました。

というか冷めました。

相手の女性が悪かったのではなく、恋愛に対する温度差が違ったということです。

つまり、あなた自身に悪気がなくても、相手が感じる「温度差」でLINEが途絶えるというパターンもあるということを押さえておいてください。

でもこれはあなたの責任ではないので、悩む必要はありません。

デート後の行動に冷めたパターン

こんな女性もいました。

とっても楽しくデートして、そのまま付き合いたいなと思っていた女性がいました。

ところが、ある時ふと婚活アプリを開いてみると、その女性がオンラインになっているのを発見したんです。

もちろん、それを見ているということは僕も開いているわけで、もしかするとたまたまアプリを開いただけだったのかもしれません。

でも、いつ開いてもオンラインか、「24時間以内」という表示なんです。

つまり婚活アプリを使い続けているということです。

これは一瞬で冷めますね。

「まだ相手探してるんだ」と(笑)

これを見てしまうと、どんなに好きな相手でももう恋愛対象とは見れなくなります。

なので、もし本命が見つかったら、婚活アプリはすぐに退会しないと相手が逃げていきます。

僕も本命が見つかったら必ずをのアプリを退会します。

それが唯一の本命アピールだからです。

LINEが途絶えても仕方がない諦めるべきパターン

相手がやりもくだったパターン

ちなみに、LINEが途絶えても仕方がない(というかむしろ途絶えた方がいい)というパターンもあるのでちょっとご紹介。

一つ目は相手がやりもくだったパターン。

これは会ってみれば一発でわかることですが、本当なら会う前に見破りたいところです。

「やりもく」と聞くと男性を想像するかもしれませんが、男性だけではありません。

僕は、婚活する気がない女性、つまり遊び相手や飲み友達を探している女性も「やりもく」のようなものだと思います。

共通するのは、婚活する人の「敵」ということ。

無駄な時間と労力とお金を失う前に、むしろ自分の方からLINEを途絶えさせるのが吉です。

相手の期待が高すぎたパターン

相手の期待が高すぎて、がっかりされて、LINEが途絶えるというパターンもあります。

これも仕方がありません。

相手が勝手にハードルを上げてきただけなので、あなたに非はありません。

これは特に30代以上の人に多いパターンですが、結婚に対する焦りが強ければ強いほど、「完成度の高さ」を求める傾向にあります。

つまり、あなたがいくら今後の夢や目標を語っても、そういう相手には無駄なのです。

そういう相手は、「今のあなた」しか見ておらず、「今のあなた」で全てを判断するからです。

相手が求める条件に追いつこうとする必要はありません。

もしも「今のあなた」が相手の条件に合わないのであれば、次に進むのみです。

相手が望んでいる人物ではなかったパターン

1度会った相手とLINEが途絶える一番多いパターンはこれです。

メッセージのやり取りでは盛り上がったけど、実際に会ってみたら「ちょっと違った」というパターンです。

これも仕方ありません。

そもそも、会ってみなければ本当の姿なんて理解できないんです。

なので会ってみて「違うな」と思ったら相手を変えるしかありません。

「違うな」と思った相手と、「もしかしたら時間が経てば変わるかも」なんて期待を持って付き合わない方がいいです。

婚期が遅れます。

あなたの希望にぴったり合う相手というのは、見つかるときには一発で見つかるので、一人の人に固執せず婚活アプリを見直してみてください。

ちょっとしたタイミングの差で見落としてるだけです。

こんなにも大勢の婚活希望者がアプリを使ってるのですから、逆にぴったり合う相手が見つからない方が珍しいんです。

LINEが途絶えた相手と復活するには

LINEが途絶えた相手と復活する可能性はほぼない

1度会った相手とLINEが途絶えたら、復活する可能性はあるのか…。

ありません(笑)

そもそも、相手のことが「いいな」と思っていたら、LINEが途絶えるなんてことはありません。

なので、LINEが途絶える=相手の気持ちが冷めたと確定してOKです。

しかも気持ちが一度冷めると、復活する可能性はほぼありません。

繰り返しになりますが、もし本当に結婚をしたいのであれば、可能性がほとんどない相手に縛られていては年をとるだけです。

今すぐにでも次に移らなければ、どんどん時間だけが過ぎていくのです。

自分から追いかけるチャンスは一回

それでも、多かれ少なかれ好意を抱いた相手と急に音信不通になってしまったら、誰だって復活したくなるものですよね。

復活とまでは言わなくても、なぜLINEが途絶えたのか、その理由だけでも知りたいはずです。

なので、本当に諦めきれなかったら、自分の方から追いかけてみるのも悪くはありません。

でも一つだけ注意が必要です。

それは「自分から追いかけるチャンスは一回」ということ。

そもそも、LINEが途絶えた相手というのは、あなたに対して冷めてしまっている可能性大なので、そんな相手からいくらメッセージをもらっても迷惑なだけだからです。

最悪の場合、ブロックされてしまうかもしれません。

なので、どうしても諦めきれない場合は一回のみ連絡をとってみてください。

それでダメなら諦めて次へ移る。それが婚活成功の秘訣です。

気持ちが変わる可能性はほとんどない

先ほども書いたように、人の気持ちが変わる可能性はほとんどありません。

でも落ち込む必要もありません。

なぜなら、あなたがこの記事を読んでいる今この瞬間にも、恋人が欲しくてたまらなくて婚活アプリを開いている人がこんなにも大勢いるからです。

繰り返しになりますが、恋人がいなくて、恋人を作りたいと思っている人はあなただけではないのです。

「次に目を向ける」と聞くと、また一からやり直しみたいなイメージを抱くかもしれませんが、それは間違いです。

「可能性がまた広がる」ということなんです。

僕もまさにその一人で、前の人を諦めて、新たな気持ちで婚活アプリを開いてみたことから、あっさり恋人ができました。

自分より一回りも年下で、しかも美人です(笑)

固定観念を持たずに視野を広げると婚活って簡単です。

まとめ

脈なしの相手を追いかけても無駄に年をとるだけ

結論を言うと、脈なしの相手を追いかけても無駄です。

年をとるだけです。

もしもあなたがまだ若ければ、脈なしの相手を追いかけてみるのも良いかもしれません。

でも婚活をしているあなたにとってそれは致命的です。

そもそも、結婚というのは恋人と出会ってすぐ出来るものではありません。

最低でも1年や2年の恋愛期間を経て、それから1年程度の根回しをしてやっと結婚式をすることができるのです。

つまり、普通に考えたら、今日誰かと出会って付き合いはじめたとしても、結婚するのは3年後です。

あなたの今の年齢に3歳足してみてください。

それがあなたが結婚できる最短の年齢なんです。

もちろん、人によって多少は前後しますが、それくらいの危機感がないと年をどんどんとってしまうのです。

だからこそ、時には諦めも肝心なんです。

1回目のデートが完璧でなければ2回目は来ない

僕の経験談をお話したように、1回目のデートで「この人はないな」と思ったら、その相手との2回目のデートは訪れません。

これはあなたも同じだと思いますし、相手も同じです。

つまり、1度会った相手とLINEが途絶えるかどうかというのは、実は1回目のデートが全てを左右しているのです。

結論を言えば、1回目のデートが完璧な人は2回目のチャンスがありますが、1回目のデートが完璧じゃなかった人は2回目のチャンスがありません。

では、完璧か完璧じゃないかは、どういう違いなのでしょうか。

LINEが途絶えないようにするたった一つの方法

恋愛対象として完璧か完璧じゃないかという違いは、言い換えると、恋愛モードになっているかなっていないかという違いです。

「恋愛モード」というと抽象的でイメージしにくいかもしれませんので、あなたに、一つかんたんな質問をします。

「あなたは今すぐデートに出かけられますか?」

この記事を読んでいるほとんどの人が、答えはNOのはずです。

デートに着て行くお洒落な服がないとか、ムダ毛処理をしていないとか、理由はともかく異性とデートする準備が整っていない人がほとんどなんです。

これが、あなたが恋愛モードになっていないという意味の答えです。

さらに付け加えると、今現在恋愛中の人と、独り身の人の違いも同じです。

今現在恋愛中の人は、デートに着て行くお洒落な服もある程度確保しているはずですし、ムダ毛処理も手を抜いていないはずです(笑)

「独り身なんだからそんなことに気を使わないのは当然じゃないか」という声も聞こえてくるかもしれませんが、それが大きな間違いです。

理由は、恋愛モードになっていない人、つまり手を抜いている人は、ある日突然、異性とデートすることになっても対応できないんです。

自分では身なりに気を使って上品に振る舞っているつもりでも、必ずボロが出て、相手に見抜かれます。

僕なら一発で見抜けます。

そして、ボロが出ると一発で冷めます。

そして、自然とLINEも途絶えます。

じゃあ、恋愛モードじゃない人が恋愛スイッチを入れるにはどうすればいいのか…。

それは、異性とデートする以外に方法はありません。

頭で想像しても無理です。本物の異性とデートしなければ絶対に無理です。

だから、婚活アプリがいいんです。

実際にデートの日時を決めて、その日のために準備をする。そしてその日までに準備をする。

その過程こそが、独り身の手抜き生活から脱却するための唯一の方法です。

恋愛モードに入っていない人はモテませんが、恋愛モードに入っている人はモテますよ(笑)

これなら間違いなし!すぐ会える推奨アプリ

ペアーズ

マッチングアプリの代名詞とも言えるほど誰もが知っている人気のペアーズ。その人気の高さから利用者数も断トツに多く、またその安心感からいい意味で「すれてない人」が多いのが特徴。「まずは会ってみたい」「気軽に飲みに行きたい」という軽いノリからスタートしてすぐ会える人気のマッチングアプリです。株式会社エウレカが運営。2012年10月サービス開始。

ペアーズの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

ペアーズの良いところ

会員数が断トツに多く、男女とも本気度が高い。
幅広い年齢層からモテる。同世代だけでなく、一回り以上離れた年の差恋愛も楽しめる。
とりあえず普通にやるだけで、1ヶ月もあれば恋人を作れる。

ペアーズの気になるところ

条件のいい人はどんどんカップル成立して退会していってしまう。早い者勝ち。

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

結婚情報誌ゼクシィで有名なあのリクルートグループが運営する安心のマッチングアプリ。他のアプリに比べて特に恋愛・結婚に前向きな女性が多く、積極的な利用が特徴。慎重にメッセージのやり取りをするよりも、まず会いたいという人が多いのも出会いに前向きな証拠。真面目に付き合いたい、真剣な交際相手を見つけたい、まずは会ってみたいという人におすすめ。株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営。2014年12月18日サービス開始。

ゼクシィ恋結びの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

ゼクシィ恋結びの良いところ

圧倒的なブランド力で知名度が高く、女性に人気があり、会員数も多い。
真剣な利用者が多く、マッチング後の返信率が高い。
リクルートが運営している安心感から、マッチングアプリ慣れしていない利用者と出会える。
付与される「いいね!」回数が最も多く、コスパが一番高い。

ゼクシィ恋結びの気になるところ

ペアーズと比較すると年齢層が若干高め。10代、20代前半ならペアーズ。20代後半、30代以上ならゼクシィ恋結びがベストだ。

with

マッチングアプリとしては後発ではあるものの、独自の相性診断コンテンツが人気を呼び会員数をぐんぐん伸ばしている注目のマッチングアプリ。単なる出会いではなく、楽しませる工夫が随所に見られ、そのため女性の積極性も高い注目株。株式会社イグニスが運営。2016年3月サービス開始。

withの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

withの良いところ

相性診断やイベントで女性のモチベーションを上手く盛り上げている。
後発ながらも期待値の高い注目のマッチングアプリ。
ライバルが少ない今が狙い目という見方もできる。

withの気になるところ

ライバルが少ない今が狙い目だが、会員数がもっと増えていくとさらに良い。

marrish

30代、40代の婚活、再婚活に人気のマッチングアプリ。バツイチ、シングルマザー、シングルファザーの人気が高く、熱心な利用者が多い。他のアプリとはまったく違うユーザー層が特徴。メインのアプリと併用して試してみるのも面白い。

marrishの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

marrishの良いところ

バツイチ、シングルマザー、シングルファザーの本気度が高い。
30代、40代、50代の出会いの場として活気がある。

marrishの気になるところ

ライバルが少ない今が狙い目だが、会員数がもっと増えていくとさらに良い。

婚活アプリ一覧表

名称 東京都の女性会員数 運営 特徴
ゼクシィ恋結び 21,482人
(2014年運営開始)
リクルートの子会社が運営 ゼクシィのイメージから真剣な女性が多く安心して交際できる。(詳細)
ペアーズ 201,972人
(2012年運営開始)
株式会社エウレカが運営 日本最大級。圧倒的な知名度で積極的な女性が多く気軽に会える。(詳細)
with 22,550人
(2016年運営開始)
株式会社イグニスが運営 後発だが女性会員数がぐんぐん伸びている。(詳細)
marrish 非公開
(2016年運営開始)
株式会社マリッシュが運営 真剣なバツイチ、シングルマザーが多い。(詳細)
Matchbook 非公開
(2015年運営開始)
リクルートが100%出資 大学生がメインターゲットの恋活アプリ。(詳細)
マッチアラーム 非公開
(2012年運営開始)
サイバーエージェント、三菱UFJキャピタルが出資 一日一人の異性を紹介してもらえる。顔写真必須。(詳細)
タップル誕生(18禁) 非公開
(2012年運営開始)
サイバーエージェントが100%出資 顔で選ぶマッチングアプリ。(詳細)
Poiboy 非公開
(2016年運営開始)
株式会社ミクシィが100%出資 女性主導、女性が男性を選ぶ恋活アプリ。10代、20代がメイン。(詳細)

2017年4月19日婚活アプリ


PAGE TOP