ゼクシィ恋結びの始め方。始めた当日にLINE交換&デートOKしてもらった10の事実

始め方を間違えるとせっかくの出会いが無駄になります。そこで今回は、ゼクシィ恋結びの始め方を知りたいあなたのために、実際にゼクシィ恋結びを始めた当日にLINE交換&デートOKしてもらった流れを紹介します。

いきなり結論!ゼクシィ恋結びを始めた当日にLINE交換&デートOKしてもらいました

まず最初に結論を言います。

ゼクシィ恋結びを始めた当日にLINE交換&デートOKしてもらいました。

この記事では、その流れを具体的な手順とともに紹介します。

最初に断言しておきますが、成功するためになにか特別な攻略法があるわけでもなく、ゼクシィ恋結びを使えばあなたにも簡単にできちゃいます。

つまり「再現性」があります。

但し、ちょっとだけコツが必要です。

そのコツとはなんなのかを説明する前に、まずはゼクシィ恋結びを始めるために必要なことを順を追って説明していきます。

この「正しい順番で正しい準備をする」というのがミソなんです(笑)

LINEを教えてもらえない人や、デートの誘いを断られる人は、やるべきことをやっていないだけなんです。

ゼクシィ恋結びを始めるために必要なもの

ゼクシィ恋結びの始め方といっても、事前に必要なものはたった一つです。

それは、フェイスブックをやっていて、友達が10人以上いること。

ゼクシィ恋結びの審査の条件は、たったこれだけでOKです。

なので、今現在、既にフェイスブックをやっていて、友達が10人以上いるという人はなんの問題もありません。今すぐ始められます。

でも、逆に言えばフェイスブックをやっていない人や、以前やっていたけど辞めてしまったという人は、ゼクシィ恋結びを始める資格がありません。ゼクシィ恋結びを始める前に、まずはフェイスブックを始めて、しかも友達を10人以上増やさなければいけないんです。

でも安心してください。

簡単です(笑)

フェイスブックは今すぐにでも始められますよね。メールアドレスさえあれば誰でも無料で始められます。

そしてフェイスブックに登録したら、思い当たる友人の本名を検索してみてください。一人や二人はすぐ見つかるはずです。リアルの友達なら誰でもOKです。

必ずしも、身近にいる親しい友達や同僚でなくてもOKです。何十年も連絡をとっていない同級生なんかもおすすめです。

こうして、ある意味「適当に」思い当たる友人を検索するだけで、10人なんてすぐに集まってしまいます。

ゼクシィ恋結びを始める資格を手に入れたら、早速、ゼクシィ恋結びを始めましょう。

ここからが本題です(笑)

ゼクシィ恋結びの料金プランについて

最初に料金プランの注意事項を説明します。

ゼクシィ恋結びの料金プランは、1ヶ月プラン、6ヶ月プラン、12ヶ月プランと3つのプランがあります。もちろん、6ヶ月、12ヶ月とまとめ買いする方が料金が割引になるのでお得です。

でも、ちょっと待ってください。

騙されてはいけません。

ゼクシィ恋結びの料金プランは、必ず1ヶ月プランを選択してください。

その理由は、1ヶ月プランで十分だからです。

事実、僕の場合、有料会員になった「当日」にLINE交換&デートOKしてもらいました。

つまり、1ヶ月どころか、本当は1日で十分なんです。

百歩譲って、1週間かかったと仮定しましょう。でも、6ヶ月プラン、12ヶ月プランなんて必要ないですよね。

逆に、6ヶ月間もなにするんでしょうか(笑)

大事なことなので繰り返しますが、必ず1ヶ月プランを選択してください。

そう断言する理由を証明します。

あり得ないことですが、もしも仮に、1ヶ月でいい人が見つからなかったとします。

その時は、もう1ヶ月延長すればいいんです(笑)

でも、せっかくこの記事を読んでくれているのですから、ここだけの話を一つお教えします。

僕は日本の全ての婚活アプリを使って学びました。そして一つの事実がわかりました。

その事実とは、もしも仮に、1ヶ月で成功しなかったとしたら、「他のアプリを試した方がいい」という事実です。

もちろん、もう1ヶ月延長してみるという努力は否定しませんが、1ヶ月で成功しなかった人がもう1ヶ月延長したところで成功する確率はありません。

それよりも、婚活アプリそのものをチェンジした方が可能性があります。

その理由は、婚活アプリによって、それを使っている女性の「ユーザー層」が異なるからです。

あなたのタイプに「どんぴしゃ」な女性が見つからなかったのなら、その存在しない理想の女性を待つよりも、その「どんぴしゃ」な女性がいる婚活アプリを選ぶ方が賢い選択です。

事実、僕は日本の全ての婚活アプリを使いましたが、ゼクシィ恋結びは断トツに僕のタイプの女性がいました。

デートした女性も一人や二人ではありません。

ここには書けないほどの人数です(笑)

結論をいいますが、まずは1ヶ月プランを選択するということ。もしも、万一1ヶ月で足りなかったら、婚活アプリそのものをチェンジするということ。

これだけは絶対に忘れないでください。

この事実は、他の誰も教えてくれないここだけの話です。

アプリを入れたら最初にやるべきこと

ゼクシィ恋結びの始め方の基本を押さえたら、いよいよアプリをダウンロードしましょう。

本物そっくりの偽物に騙される人が多いので、必ず、ゼクシィ恋結びの公式アプリかどうかチェックしてください。

この記事の最後に、本物のゼクシィ恋結び公式アプリを載せてあります。必ずこの記事からダウンロードしてください。

騙されてからでは手遅れです。

さて、無事に公式アプリをダウンロードしたら、まず最初にやるべきことがあります。

それはプロフィール作りです。

いきなり女性を検索したくなる気持ちもわかりますが、ちょっと待ってください。

順番を間違えると、出会いが無駄になります。

なぜ、女性を検索する前にプロフィールを完成させておかなければならないのかと言うと、あなたのプロフィールは常に女性から見られているからです。

あなたが、ある女性に「いいね!」したとすると、その女性は「どんな人なんだろう」とあなたのプロフィールを見ます。そして、あなたのプロフィールを読んだときに、あなたに興味を持たなければ、マッチング成立しないからです。

つまり「いいね!」が無駄になります。

これは、あなたが女性に「いいね!」した時だけの話ではありません。

あなたが女性のプロフィールを見ると、見ただけで「足あと」が残ります。

そして、女性は自分につけられた足あとを見て、「自分のプロフィールをどんな人に見られたんだろう」と、その足あとを辿ってあなたのプロフィールを見にくるんです。

そんな時に、写真もなく、自己紹介文も書かれていないプロフィールを見てしまったら、あなたは完全に怪しい人物になります。

あなたにとって、一目惚れするようなタイプの相手だったとしても、プロフィールが未完成なだけで女性から「この男はないな」と対象外になってしまうのはもったいないですよね。

だから、しつこいかもしれませんが、必ず真っ先にプロフィールを完成させてください。

ある意味で、婚活アプリにおいては、プロフィールが完璧な男しかモテないんです。

その理由は簡単です。

女性は、プロフィールしか判断材料がないからです。

あなたのプロフィールは、あなたの全てなんです。

「いいね!」する前にやるべきこと

正しいルールを守って、事前にプロフィールを完成させたあなたは、もう勝ち組の一歩手前です(笑)

さっそく女性を見てみたい!という気持ちもわかりますが、あと一つだけ、必ずやっておかなければいけないことがあります。

その必ずやっておかなければいけないこととは、本人確認と、有料会員になるということです。

この2つを事前に済ませておかない人は、失敗します。

理由を証明しましょう。

その答えは、本人確認と有料会員には「時間がかかる」からです。

つまり、いざ必要に迫られて本人確認と有料会員になろうと思っても、その瞬間にすぐにできるものではないのです。

これは、どんな時に困ると思いますか?

それは、女性とマッチングした時です。

女性とマッチングすると、その女性とメッセージのやり取りが始まります。

言い方を変えると、女性とマッチングしたその瞬間から、相手の女性はあなたからのメッセージを待っている状態になります。

相手を待たせている状態になってから、本人確認と有料会員の手続きを始めてしまったらどうなると思いますか?

あなたの返信があまりにも遅すぎて、「脈なし」と判断されるんです。

返信が遅いというだけで、「他の女性とのやり取りに忙しそう」「私には興味がないんだな」と判断されます。

「本人確認と有料会員の手続きに時間がかかっているかもしれないから待ってあげよう」なんて考えてくれる人は絶対にいません。

せっかくあなたの「いいね!」に対して「いいね!ありがとう」というアクションをとってくれた女性から嫌われないために、本人確認と有料会員になっておくことは必須なんです。

繰り返しになりますが、後でこのことに気がついても手遅れです。

必ず、事前に済ませてください。

女性からデートOKしてくれるタイミング

お疲れ様でした。

ここまでで準備は完了です。

さっそく始めましょう。

ところで、今何時ですか?

実は、「時間帯」が一番重要です。

女性からデートOKしてくれるタイミングというのは、「時間帯」で決まります。

結論を言うと、その時間帯とは「夕方」がベストです。

そして、夕方からやり取りを初めて、その日の夜中までにデートの約束を完了させるのが正しい流れです。

だらだらとメールをやり取りする男はダメな男の証です。

理由はただ一つ。

女性が婚活アプリを使う理由は、「会う男を選ぶこと」だからです。

「メッセージのやり取り」をだらだらと続けることが目的で婚活アプリを使う女性は一人もいません。

女性の気持ちの中には、既に「誰かと会う」という目的が確定していて、その相手を選ぶために婚活アプリを使っているんです。

そんな女性の目的を無視して、だらだらと何日もメッセージのやり取りをし続ける男というのは、「空気が読めない男」以外のなにものでもないんです。

これが、男のイメージと、女性の本音とのギャップなんです。

なので、当日中に「誘う」というのは、女性に対する最低限のマナーです。

マッチング成立したら真っ先にやるべきこと

昼間っから婚活アプリをやっている男は、女性から見ると社会人失格です(笑)

逆に、女性が寝ようとしている真夜中に「いいね!」されても、ただの迷惑な男でしかありません(笑)

女性に「いいね!」するのは、必ず「夕方」というルールを守ってください。

夕方といっても、17時でも18時でも、19時でもいいんですが、とにかく女性が寝るまでにデートの約束をOKしてもらうために会話をするちょうどいい時間が残っていればいいんです。

このタイミングさえ守ってもらえれば、自然とデートをOKしてもらえます。

この正しいタイミングで女性に「いいね!」すれば、自然にマッチング成立します。

そしてマッチング成立したら、後はやるべきことはたった一つ。

「すぐにメッセージを送る」ということです。

返信のペースが遅い人はモテません(笑)正確に言えば、女性から見ると、返信のペースが遅い=興味が薄いと見なされるんです。

例えば、あなたがある女性とLINEのやり取りをしているとします。想像してみてください。

あなたがメッセージを送って、すぐに既読になり、返信を返してくれる女性と、いつまでたっても未読のままで、何時間もたってからやっと返信をしてくる女性と、どちらの女性の方が自分に好意を持っていると感じますか?

もちろん前者ですよね。

返信が遅いということは、それだけで「興味がない」と決めつけられてしまうんです。これは全ての女性に共通する事実です。

なので、意外にも「すぐ返信する」ということが実は一番モテる秘訣なんです。

LINEを聞いてはいけない

ここまでのルールを守ってもらえれば、あなたが望む相手と、自然とマッチング成立するはずです。そして、たくさんの女性たちとメッセージのやり取りが始まるはずです。

そこで注意事項が一つあります。

それは、「LINEを聞いてはいけない」ということです。

もちろん、この記事を読んだあなたは、当日中にLINEを教えてもらうことができます。でも、まだLINEを聞いてはいけません。

なぜかと言うと、相手の女性は、まだあなたにLINEを教えなければならない「必然性」がないからです。

当然のことながら、会話をするだけならゼクシィ恋結びの中のメッセージで十分です。LINEを交換する必然性がないのに、「LINEを教えてください」なんて言ってしまったら、即アウト。要注意人物、つまり「やりもく」と見なされかねません。

事実、相手の女性というのは、あなたと1対1でやり取りをしているのではなく、何十人もの男と同時進行でメッセージのやり取りをしているんです。

なので、必然性がないのにもかかわらずLINEに移行したがるという、その他大勢の男たちと同じパターンの行動をとってしまうと、それだけで「またか」「またこのパターンか」という風に思われるんです。

なので、LINEを聞いてはいけません。

LINEを聞く前に、「必然性」を作らなければいけないんです。

始めた当日にLINE交換&デートOKしてもらうまでの流れ

LINEを教えてもらうための方法をお教えしましょう。

あなたにも簡単にできる方法です。

その方法とは、メッセージのやり取りの中で、「相手の好きな食べ物を質問する」。たったこれ一つでOKです。

女性に好きな食べ物を質問すると、当然答えが返ってきますよね。

「お肉が好き」と食材のジャンルで答える女性もいるかもしれませんし、「○○が好き」と具体的な料理名を答える女性もいるかもしれません。

どちらにしても、好きな食べ物がない人間はいません。必ず自分の好きな食べ物を答えてくれます。

あなたは、「その○○をご馳走させてください。」と言うだけでOKです。

これを断る女性がいると思いますか?

いませんよね(笑)

「食べに行きましょう」とか、「会いましょう」なんて言ったら、デートをOKしてもらうことは無理です。

「ご馳走させてください」でなければダメなんです。

そこさえ間違えなければ、デート決定。あとは具体的な日時を決めるだけです。

目的が決まり、デート日時まで決まったら、ここでようやくLINEを交換してください。

お気付きですか?

この時点で、既にLINEを交換する「必然性」が出来上がっているんです。

逆に言えば、LINEを交換しなければ「困る」という状況になっていますよね。

簡単ですよね(笑)

なぜ簡単なのか。

先ほども書きましたが、婚活アプリを使っている女性というのは、「会う相手を選ぶため」にやっているんです。

暇つぶしで使っている女性なんていません。そんなに暇な女性はいません(笑)

「会う」という意思は既にあるんです。

だから、デートをOKしてくれるのは当たり前なんです。

要は、ちょうどいいタイミングで、期待した通りの誘い方をしてくれる男になれば、それで十分なんです。

実際、この流れは100%全ての女性に共通する事実でした。

経験こそが証明です。

ゼクシィ恋結びでデートした結果

先ほども書きましたが、僕は日本の全ての婚活アプリを試しました。そして大勢の女性たちと実際に会いました。

そんな僕がゼクシィ恋結びでデートして実感したこと。

それは、「ゼクシィ」というブランド力の威力がもの凄いということです。

僕は、ゼクシィ恋結びでデートした女性たち全員に聞きましたが、口々に言うのは、「ゼクシィだから始めた」というきっかけです。

今まで、婚活アプリというものを使おうと思わなかった女性たちが、こぞってゼクシィを使っているんです。

やはり、結婚情報誌ゼクシィのイメージが強いので、「安心感」という意味では最強の婚活アプリなんです。

そして、実際に女性と会話をしていて発見したことは、「ゼクシィだから」というきっかけを、「いいわけ」にしているということ。

少なからず、全ての女性が、出会いのために婚活アプリを使うということに後ろめたい気持ちを持っています。

でも、「ゼクシィだからいい」という、自分自身に対する言い訳があることで、婚活アプリを使うという一歩を踏み出せるんだと思いました。

事実、他のアプリとは「ユーザー層」がまったく違いました。

今まで、あえて自分から出会いを作ろうとはしなかったような、いい意味でごく普通の女性たちばかりです。

そんな、ごく普通の、素敵な女性とデートができるのはゼクシィならではです。

ゼクシィ恋結びは今が旬。

せっかく今まさにスマホ片手に相手募集中の素敵な女性がいるのに、他の男に盗られてラブラブデートを楽しんでる男がいると思う悔しいですよね(笑)

これなら間違いなし!すぐ会える推奨アプリ

ペアーズ

マッチングアプリの代名詞とも言えるほど誰もが知っている人気のペアーズ。その人気の高さから利用者数も断トツに多く、またその安心感からいい意味で「すれてない人」が多いのが特徴。「まずは会ってみたい」「気軽に飲みに行きたい」という軽いノリからスタートしてすぐ会える人気のマッチングアプリです。株式会社エウレカが運営。2012年10月サービス開始。

ペアーズの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

ペアーズの良いところ

会員数が断トツに多く、男女とも本気度が高い。
幅広い年齢層からモテる。同世代だけでなく、一回り以上離れた年の差恋愛も楽しめる。
とりあえず普通にやるだけで、1ヶ月もあれば恋人を作れる。

ペアーズの気になるところ

条件のいい人はどんどんカップル成立して退会していってしまう。早い者勝ち。

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

結婚情報誌ゼクシィで有名なあのリクルートグループが運営する安心のマッチングアプリ。他のアプリに比べて特に恋愛・結婚に前向きな女性が多く、積極的な利用が特徴。慎重にメッセージのやり取りをするよりも、まず会いたいという人が多いのも出会いに前向きな証拠。真面目に付き合いたい、真剣な交際相手を見つけたい、まずは会ってみたいという人におすすめ。株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営。2014年12月18日サービス開始。

ゼクシィ恋結びの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

ゼクシィ恋結びの良いところ

圧倒的なブランド力で知名度が高く、女性に人気があり、会員数も多い。
真剣な利用者が多く、マッチング後の返信率が高い。
リクルートが運営している安心感から、マッチングアプリ慣れしていない利用者と出会える。
付与される「いいね!」回数が最も多く、コスパが一番高い。

ゼクシィ恋結びの気になるところ

ペアーズと比較すると年齢層が若干高め。10代、20代前半ならペアーズ。20代後半、30代以上ならゼクシィ恋結びがベストだ。

with

マッチングアプリとしては後発ではあるものの、独自の相性診断コンテンツが人気を呼び会員数をぐんぐん伸ばしている注目のマッチングアプリ。単なる出会いではなく、楽しませる工夫が随所に見られ、そのため女性の積極性も高い注目株。株式会社イグニスが運営。2016年3月サービス開始。

withの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

withの良いところ

相性診断やイベントで女性のモチベーションを上手く盛り上げている。
後発ながらも期待値の高い注目のマッチングアプリ。
ライバルが少ない今が狙い目という見方もできる。

withの気になるところ

ライバルが少ない今が狙い目だが、会員数がもっと増えていくとさらに良い。

marrish

30代、40代の婚活、再婚活に人気のマッチングアプリ。バツイチ、シングルマザー、シングルファザーの人気が高く、熱心な利用者が多い。他のアプリとはまったく違うユーザー層が特徴。メインのアプリと併用して試してみるのも面白い。

marrishの評価

会員数 コスパ 安心感
返信率 本気度 満足度

marrishの良いところ

バツイチ、シングルマザー、シングルファザーの本気度が高い。
30代、40代、50代の出会いの場として活気がある。

marrishの気になるところ

ライバルが少ない今が狙い目だが、会員数がもっと増えていくとさらに良い。

婚活アプリ一覧表

名称 東京都の女性会員数 運営 特徴
ゼクシィ恋結び 21,482人
(2014年運営開始)
リクルートの子会社が運営 ゼクシィのイメージから真剣な女性が多く安心して交際できる。(詳細)
ペアーズ 201,972人
(2012年運営開始)
株式会社エウレカが運営 日本最大級。圧倒的な知名度で積極的な女性が多く気軽に会える。(詳細)
with 22,550人
(2016年運営開始)
株式会社イグニスが運営 後発だが女性会員数がぐんぐん伸びている。(詳細)
marrish 非公開
(2016年運営開始)
株式会社マリッシュが運営 真剣なバツイチ、シングルマザーが多い。(詳細)
Matchbook 非公開
(2015年運営開始)
リクルートが100%出資 大学生がメインターゲットの恋活アプリ。(詳細)
マッチアラーム 非公開
(2012年運営開始)
サイバーエージェント、三菱UFJキャピタルが出資 一日一人の異性を紹介してもらえる。顔写真必須。(詳細)
タップル誕生 (18禁) 非公開
(2012年運営開始)
サイバーエージェントが100%出資 顔で選ぶマッチングアプリ。(詳細)
Poiboy 非公開
(2016年運営開始)
株式会社ミクシィが100%出資 女性主導、女性が男性を選ぶ恋活アプリ。10代、20代がメイン。(詳細)

2017年4月19日ゼクシィ恋結び


PAGE TOP