No.3 離婚歴のある40代バツイチでも真剣な再婚相手が見つかった私のこだわり

こばしりさん(49歳・女性・岡山県・学芸員)から寄せられた、ユーブライドで始まったバツイチ同士の真剣な出会いの体験談です。

文章を見ればその人の真剣度合いがわかる

私らの世代は、マッチングアプリ=出会い系という図式があり、物凄くハードルが高いものなのです。

でも、体験してみて分かりました。

マッチングアプりが怖いと思うのは、時代遅れでした。

ただ、やはり中には、既婚者が紛れて居たり、遊び目的の人もいる事が分かりました。

何度も失敗もしましたので、私なりの見分けるコツを伝授します。

最初にメールから始めると思いますが、メールで分かる事をあげます。

まずはNGパターンを書きます。

①私のプロフィールがまだ充実していない時に、申し込んでくる人は単なる新人狙いです。

女性新規入会者はモテバブルが誰でも来るのですが、それを狙って、プロフィールをよく読んでいないのに申し込みをしてくる人がいます。

そういう人は、誰でもよい事が多いのでアウトです。

②メールを数回しか交わしていないのに、すぐに会いたいという人もアウトです。

とにかく会いたいしかないので誰でもいい人が多いです。

③メールがやたら短い人も、本気ではないか話しても内容が薄い人が多いです。

次に、真剣な人、もしくはまじめな人の特徴を書きます。

①規則正しい生活をしている人は、実生活でも乱れた生活はしていません。

やたら遅い時間にメールをしてくる人など、相手の事を考えていない証拠だと思います。

②愚痴を言わない人は、やはり実生活でも前向きな性格なので信頼できます。

③誤字脱字が少ない人、言葉の幅が広い人は、仕事でも実力があるタイプです。

④冷静な文章が書ける人も、実生活でも感情的にならないのでとてもお勧めです。

文章って意外と性格と頭脳指数が解るので見分けるのには最適です。

離婚歴があってもアプリなら理解者に会える

ユーブライドで、二桁は会いました。

私は離婚歴があるので、離婚歴を理解していただける人を探していました。

なので会う相手は、全員離婚経験者ばかりです。

ほとんどの人とは、最初から写真の交換をするのでスムーズに会えるのですが、私自身もそうでしたが、奇跡の写真を掲載しているので、最初はだれと会っても写真と違うな…と思う事が多かったです。

相手にも言われました。

ただ、私の場合メール期間だけでも1ヶ月はやり取りをする為か、相手の事はある程度分かっているので、二割減の見た目でも、見慣れてくるのか、顔の事はだいたい二の次になりました。

どの人もそうです。

実際会ってみてメールの感じと違う印象の人も何人かいました。

メールの内容は、かなり明るい感じだったのに、実際に会うと暗い話しかしない人もいました。

その中の人と何人かデートしたりはしましたが、結局きちんと長期付き合ったのは2人だけでした。

今はその中の一人と一緒になって数年経ちます。

最初は、今の人は初顔合わせの時に、ドタキャンしました。

最初はかなり悪いスタートでした。

でも、ドタキャン理由は知り合いの法事が急に入ったという事でのドタキャンでしたので、悪い印象は払しょくされました。

お互い徳島県と高知県という隣県が出身県であったり、色々な共通点が多く自然に交際に発展しました。

普段の仕事では会えない出会いでしたので、アプリが無いと一生会う事は無かったと思います。

プロフィールをしっかり書けば無駄を省ける

アプリを使った事での失敗や後悔も、何個かありました。

年収、職業などは、証明書を見せていただくと分かる事なのでいいのですが、身長、体重、体形は自己申告の為、何人かプロフィールからは想像できなかった人もいました。

そこらへんはご愛敬です。

元々気にしてなかった部分なのですが、がっちりしていますと書いてあって、相撲取りみたいな人が来て想像と違い過ぎたので驚いた事もありました。

写真を載せていたとしても、人に体形の事や容姿の事は聞きずらい事だったので、会う前は写真通りの方かと思うようにしていましたが、よくよく写真を見ると若い時の写真だったりした事があります。

写真は最近の物かどうかは聞くべきだったと今では思います。

確認不足の点でした。

あと何度か経験したのですが、ドタキャンを経験しました。

ドタキャンはかなり落ち込みます。

そういう人は、後日も連絡もしてこない人もいたので、悪質な人として本部に連絡すれば良かったのですが、逆恨みが怖くて、だいだい泣き寝入りでした。

後々の事を考えると他の人もそのような事が起こらないように、本部に要注意人物として通報しとけばよかったと思っています。

あとプロフィールには自分の事ばかり書いていましたが、相手に望むこと、回避したい人もしっかり書いておけばよかったと思います。

後々タバコを吸う人だったり、ギャンブルをする人だったりして、幻滅したことが有りました。

自分のプロフィールをしっかり書けば書くほど、条件に合わない人からのアタックは避けられると思いました。

ご投稿ありがとうございます。

確かに、離婚経験者同士の出会いって、アプリを使わないとないですよね。

バツイチでも理解してくれる人は、やはりバツイチの人に限ります。

アプリの場合、事前に離婚歴も含めた詳細なプロフィールを書けるため、条件にマッチしない相手を最初から省けるのもメリットの一つと言えます。

そして、自分が望まない条件も含めてプロフィールにしっかり記載しておくことで、会ってがっかりすることや、デートした後に音信不通になるといった、時間と労力の無駄を省けるのですよね。

真剣な出会いを求める人こそ、事前の準備をしっかりしておくことが大切であると言えます。

2021年4月11日私の真剣な出会いストーリー


PAGE TOP