No.4 失敗もしたけど結果アプリでも幸せ掴めたよって話

美玲さん(29歳・女性・広島県・会社員)から寄せられた、タップルで知り合った彼と入籍まで掴んだ真剣な出会いの体験談です。

メッセージをよく読めば真剣さが分かる

私がアプリで注意していたことは、相手のプロフィールに記載漏れがないか、事前によくチェックしていました。

例えば、喫煙の有無などの質問を飛ばしている人は喫煙者と思っていいです。

自分に都合の悪い質問は飛ばしている人が一定数います。

都合の悪い質問でも正直に記載している方の方がいいと思います。

あと、マッチしてからメッセージのやりとりに移る際、すぐに質問をしてくるなど挨拶が出来ない方もいます。

そういった方は数を打っているので、条件に合わないと返信もなくすぐにマッチを切ってくる事が多いです。

逆に、挨拶はあれどその後すぐLINEに移行しようとする方もいます。

それは、男性側は有料で、メッセージのやり取りをするのにお金がかかっているからです。

そこをケチる人は真剣ではないと思っていいです。

真剣な方であれば、多少お金がかかろうが段階を踏みます。

女性からすれば、メッセージでコミュニケーションが取れないのにLINEに移行しようとは思わないです。

メッセージをするだけである程度どのような人間なのか見えてきます。

フィーリングが合うと感じる方は必ずいます。

そこで合わないなと思えば会う気にもならないですし、会っても同じ結果にしかなりません。

メッセージの中でどれだけやり取りしてくれるのかが重要だと思います。

タップルで知り合った彼と入籍予定です

私が使用したアプリは、ゼクシィ恋結びとタップルです。

今は、タップルで出会った方と交際しています。

最初にインストールしたのがゼクシィ恋結びです。

まだサービスが始まったばかりの頃で、利用者は少なめ、年齢層は30代が多かったです。

その中でやり取りさせていただいた5歳年上の方とお付き合いしましたが、結婚観の違いにより、2年弱でお別れしました。

その後、もう少し年齢層が若い方がいいと感じ、インストールしたのが当時マッチングアプリで一番人気だったタップルです。

利用者も多く、年齢も20代が圧倒的に多かったです。

いいねがひっきりなしに来る印象です。

その中で、いいねを送ってくれた今の彼に出会いました。

4歳年下なのでジェネレーションギャップが心配でしたが、全くそんなことはなく、とても控えめで恋愛経験の少ない彼が頑張ってくれて毎日メッセージでやり取りしてくれました。

そのうちメッセージをするのが毎日の楽しみになり、LINEの交換を提案してくれたので直接通話をしましたが、とても楽しく何時間も話していたのを覚えています。

その後、デートに誘ってくれたので対面を果たし、好印象のまま終わり、何度かデートを重ねて告白してくれました。

そんな彼と交際が2年を超え、今年入籍予定です。

違和感を感じたらフェードアウトすべき

ゼクシィ恋結びで、少しフィーリングが合わないなと感じた方と、優しいからとなりゆきで交際しましたが、やはり合わず色んなところでズレを感じる結果となりお別れしました。

最初に感じた違和感は、とても大事だと思います。

あと、アプリ上で何度か知り合いに遭遇したことがあります。

絶対にバレたくない!という方は対策が必要かと思いました。

プロフィールに写真は載せず、マッチ後に交換するなどした方がいいです。

あと、何度かネズミ講の方とマッチしたことがあります。

プロフィール写真がスーツでびしっと決まっていますが、どうも写真が出来過ぎているなと感じると、私はFacebookで調べるようにしていました。

すると、投稿の内容でネズミ講と分かるので、そっとフェードアウトしていました。

一度、会う直前まで進展したので気をつけなければならないなと思いました。

タップルで数ヶ月お付き合いした方がいました。

私は交際が始まるとアプリをアンインストールするようにしていました。

ある時、女の勘で怪しいと感じたので、再度アプリをインストールしてみると、彼は交際後もアプリを続けていたことがあります。

簡単に出会える分、そういった方も一定数いるので気をつけて欲しいです。

最終的にはアプリ外で浮気されていました。

浮気をする人は、アプリであろうとリアルであろうと治りません。

やはり、最後は勘に頼るしかないと思いました。

ご投稿ありがとうございます。

確かに、プロフィールをしっかり読めば、相手の真剣度合いはわかりますよね。

そして、何度かメッセージのやり取りを重ねていけば、もしもヤリ目だった場合、すぐにボロを出すものです。

相手の顔が見えない文字だけのやり取りって、実は相手のことがよく分かるものなんですよね。

真剣な出会いほど、丁寧にやり取りすることが本当の人柄を伝えられるのかもしれません。

2021年4月11日私の真剣な出会いストーリー


PAGE TOP